フジ・アウトソーシング


ウィッグ専門店:ピュー・エレガンテ

ゲスト対談:女優の大場久美子さんと、当店社長の藤井


 髪は女性の命。
 ヘアスタイルがバッチリと決まっただけで、一日中気分が良くなったりもする。
 ここでは多くのプロの職人が、丹精込めたワンランク上の高級ウィッグを製造。
 工場直売で高品質の商品が、手頃な価格で手に入る。

大場久美子:一言でウィッグといっても、ずいぶん種類があるものなんですね。
藤井京子:ショートやロング、ウエーブやカールといった最新のヘアスタイルを、自由自在に再現出来るのが当社の特徴です。微妙に明るさや濃さを変えてありますから、本当に好みのものを探せるようにしています。
大場:お年を召した女性のものというイメージだったんですが、こちらには若い女性のためのお洒落なウィッグも多いんですね。
藤井:ありがとうございます。ファッションとしての目的だけではなく、若くても病気のために髪を失って困っている方にも必要なものです。病気の治療代だけでも大変なのに一般的に高額で、ましてステキな商品が少なく本当に皆さん辛い思いをされているんですよ。
大場:私も同じ立場ならとても悲しいと思います。
藤井:医療用のかつらもそうですが、デパートで買うと 30〜40万円程もするんです。そこで私共では、韓国の工場で数百人のプロの職人が手掛けた製品を、中間マージンをカットしてインターネット販売しております。だからこそ市価の5分の1から10分の1の価格でご提供可能なんです。
大場:えっ、そんなに違いがあるものなんですか?
藤井:あまりに安いのでお客様から「大丈夫でしょうか」と聞かれるんですが、とにかく品質には自信がございます。人工肌はどんなに目が良い人にもなかなか見分けられないはずです。私共の製品は、医療用もファッション用も同じ人工肌を使っています。どんな人の地肌にも優しいからこそ、区別せずに使用することが出来るんです。
大場:病気で気持ちが沈んでいる方も、ステキな髪型にする事で元気になれますね。それにこれだけ手頃なら、たくさん揃えてその日の気分で着替えられますね。
藤井:はい、自然な風合いでお洒落なものを作らないと意味がありません。また、お手入れが楽なのも重要です。通信販売なので、試着が出来ない事に不安をお持ちのお客様もいらっしゃると思います。そこで、詳細なサイズ表や角度を変えて撮影した画像の掲載もしております。また、微調整が出来るようにウィッグの後ろにアジャスターが付いているので、安心してご購入していただけると思います。